iphone修理時の無償修理の条件

iphone修理時の無償修理の条件

iphone修理時の無償修理の条件 iphoneの調子がどうもおかしい。
そんなときは一度iphone修理を頼んでみましょう。
場合によっては有償ではなく無償で修理を行ってくれることもありますよ。
まず、無償修理になる条件として一番大きいものは保証期間内なのかどうかです。
購入したiphoneには必ず保証期間が定められているのでその期間に当てはまれば無償修理になる可能性があります。
また、事前に保証サービスに加入すれば毎月料金はかかりますが、無償修理ということになります。
ただ、落としてしまったり、水没させてしまったりといった場合は対象とならない場合が多いので注意してください。
また、これとは別にiphone自体に欠点があった場合は無償で修理してもらえます。
よく、テレビや新聞などで取り上げられるリコールといったもののことです。
以前iphoneの中でそういった無償修理を行う必要性のあるものがあったので、自分の機種がそうでないのか事前に調べておくといいでしょう。
iphone修理が無償になるといいですね。

iphone修理時の無償交換の条件とは

iphone修理時の無償交換の条件とは iphone修理を依頼すると修理代金を支払わなければなりませんが、全てのケースでそのようにしなければならないわけではなく、例外的に無償交換をしてもらえるケースも存在します。
iphone修理時に無償交換してもらうためには、まず不具合が起きた時期が製造元が設定している保証期間内であることが必要です。
iphoneは購入日から1年間、有料の保証期間延長サービスに加入すれば2年間が製品保証期間となっており、この期間が過ぎたあとに不具合が生じた場合は、通常の修理代金を請求されます。
また、交換費用が無料になるかどうかは、不具合の内容にもよります。
iphoneの場合は、通常使用する範囲内で起きた不具合であることが無償交換の条件となります。
例えば、購入したてのiphoneで友人に送信するメールの文章を考えている途中で突然電源が切れた場合は無償交換となる可能性が高いですが、机の上においたiphoneをあやまって落としてしまい、その後動作がおかしくなった場合は、過失があったと判断されて修理代金を請求されます。
無償で交換してもらえるケースは限られているので注意が必要です。