iphone修理時の無償修理の条件

iphone修理の予約方法

iphone修理の予約方法 うっかりiphoneを落としてガラス画面を割ってしまった、もしくは水没させてしまったという経験をお持ちの方も多いはず。
iphone修理はとても簡単です。
街中によくあるiphone修理専門店であれば基本的に受け付けてもらえますが、部品取り寄せになったり、iphoneについての専門的な知識となると難しいことがあります。
そんなとき頼りたいのは正規店であるアップルストアのGenius Barです。
アップルストアは専門的な知識を持った店員がいるので、まかせて安心です。
しかし、このアップルストアはいつも混んでいて当日行ってもすぐには見てもらえません。
あらかじめGenius Barを予約してからiphoneをお店に持ち込んだ方がよいです。
予約方法ですが、アップルのサイトからGenius Bar予約に進み、名前や連絡先など必要事項を入力して完了です。
アップルストアまで持ち込む時間がないという方は同じくアップルのサイト修理予約を取り、郵送で送付という方法もあります。

iphone修理の予約時に必要な情報について

iphone修理の予約時に必要な情報について iphone修理が必要になるタイミングは様々です。
うっかり落とした拍子に画面が割れてしまった、浴室へ持ち込みシャワーで濡らしてしまった、何らかの原因で画面がつかなくなってしまった、そんなときに修理しようとなると思います。
正規の店舗や系列店でiphone修理を行う場合、予約が必要になります。
その際、どんな情報必要かというと、まずiphoneの製品番号が必要です。
シリアル番号もしくはIMEIと呼ばれる情報です。
これはiphone本体から、情報の欄で確認することが出来ます。
その他には、修理が必要になった詳細や未成年の方の場合は保護者の同伴、またiphoneのロックを解除する必要があるのでパスコードをオフにしておく必要もあります。
修理を行う上で、iphoneを探すという機能をオフにしておく必要もあります。
事前にオフにしておくか、店舗でオフにする際は事前にAppleIDとそのパスワードを控えておく必要があります。